しめ字を覚える5ステップ

  1. しめ字の基礎を知る
  2. 平仮名をマスターする
  3. 行書の書き方を覚える
  4. 文章を書けるようになる
  5. 連綿を使えるようになる

しめ字を身につけるまでに、
僕は上記の5ステップでやってきました。

多少順序が入れ替わる時もありますが、
基本的にはこんな感じでやっていけば
僕の字を覚えることができます。

ステップ①しめ字の基礎を知る

まず、いきなり文字を書くのではなく
いったん僕の考え方や意識していること
について共有させてください。

これらの知識は独学で字を上達させる上で
僕が実際に取り組んできたことです。

この知識があることによって
今後字の練習をするときの
質を最大化することができます。

まずは読んでみてください。

僕が字を書く上で考えていること、
意識していることは以下の5点です。

行書にフォーカスする

手本を見つける

脳内イメージをもつ

徹底的に「パクる」

練習はマス目のある紙で

\詳しくはこちら/
ステップ①しめ字の基礎を知る

ステップ②平仮名をマスターする

綺麗な文章を書くために
最も重要なことは、
平仮名をマスターすることです。

なぜなら、
平仮名はたった50音しかないのに
文章の8割を占めているからです。

僕の字を見て「行書かっこいい」と
思っていただき、
漢字のほうから手を付けるというのは
大変ありがたいことではありますが、
まずは平仮名から覚えましょう。

僕は24歳になるくらいまで、
10年以上の間、そんな超重要な平仮名を
練習せずきてしまいました。

そして、平仮名を練習するようになってから
確実に字が上達していきました。

これを読んでいただいている方には
遠回りして欲しくないので、
まず平仮名から覚えていって
欲しいと思っています。

ステップ②平仮名をマスターする

ステップ③行書の書き方を覚える

平仮名をある程度覚えていったら、
今度は行書の漢字に取り組んでいきます。

といっても、
漢字1つひとつを解説していたら
膨大になってしまいます。

ただ、実は行書の漢字は
パターンさえ覚えてしまえば
結構使い回すことができます。

例えば「警」という文字を例にすると、
「敬」と「言」で分けることができます。

そのため「警」を単独で練習しなくても
「敬」と「言」がそれぞれ綺麗に
書けていれば組み合わせるだけで
それなりの「警」が書けるようになっています
(もちろん、ある程度バランスは見つつ)。

とはいえ、行書には
行書特有の書き方があります。

そこでここでは「行書特有の書き方」と
「使いまわせる形」の2つについて
紹介していきます。

<行書特有の書き方>

言偏

木偏

雨冠

さんずい

糸編

金偏

示(衣)偏

れっか(れんが)

門構え

酉偏

竹冠

あし

※リンクがついていないものは準備中です。

<使いまわせる形>

夂(なつあし)

口・日・田

彡(さんづくり)

※リンクがついていないものは準備中です。

ステップ③行書の書き方を覚える

ステップ④文章を書けるようになる

平仮名と主要な漢字を覚えたら、
どんどん文章を書くようにしていきます。

単体で書けていた文字を
文章として書くようになると、
これまで通りに書けないことが結構あります。

僕が文章を書く上で
注意していることや意識していることは
以下の点です。

平仮名と漢字のバランス

小さく書く平仮名「と・の・る・め」

縦長に書く平仮名「し・す・そ・ら・り」

※リンクがついていないものは準備中です。

ステップ④文章を書けるようになる

ステップ⑤連綿を使えるようになる

ここまでで、
行書+平仮名で文章が
書けるようになってきたと思います。

この次は「連綿」という技を使います。

これによって、一気に艶やかで
しなやかな印象のある文章になります。

「連綿」とは、
文字と文字をつなげて書くことで、
特に平仮名と平仮名をつなげて書きます。

連綿のつなげ方はいくつもありますが、
ここでは以下の9つだけ覚えていきます。

これだけでもわりといい感じに
連綿を使った文章が書けます。

ます

から

として

ある

より

めて

なる

なり

こと

※リンクがついていないものは準備中です。

ステップ⑤連綿を使えるようになる

しめ字の覚え方まとめ

僕の文字「しめ字」を覚えるまでの
5つのステップについて
お話しさせていただきました。

  1. しめ字の基礎を知る
  2. 平仮名をマスターする
  3. 行書の書き方を覚える
  4. 文章を書けるようになる
  5. 連綿を使えるようになる

この5つのステップを踏めば
僕程度の字であれば
誰でも書くことができます。

もちろん、僕の字は完成されておらず
まだまだ全然未熟なので、
あくまで1つの参考としてくださいね。

他の方の字からもたくさんインプットして、
ぜひいろいろな知識をつけてみてください。

微弱なりに、皆さんの字が美文字になる
お手伝いができればと思っています。

それではここから、
ステップ①「しめ字の基礎を知る」から
ステップ⑤「連綿を使えるようになる」までの
5ステップを詳しく見ていきましょう。

\まずはここから始めよう/ステップ①しめ字の基礎を知る