ブログ

【新年のご挨拶】2020年の振り返りと、2021年の抱負。

こんにちは、しめじです。

あっという間に新年を迎えましたね。皆さま明けましておめでとうございます。「明けましておめでとうございます」をいうたびに「新年明けましておめでとうございます」は重複言葉になんだぞ、ということを思い出しています。

ちなみに、同じ現象でいえば「まず初めに」ですね。「まず」自体が「最初」という意味を持つので、これも重複になりますね。豆知識。

新年早々にそんなことを書きたいのではないのです。今回は2020年の振り返りと2021年の抱負について書いていきたいと思います。

2020年を振り返る

さて、さっそくですが、まず初めに(←((((;゚Д゚)))))))!?)2020年の振り返りからしていこうと思います。こと硬筆に関して思い返すと以下のようなことがありました。

  1. 通信講座を習い始めた
  2. Webサイト「しめ字製作所」を公開した
  3. Youtubeチャンネルを開始した
  4. 全国硬筆コンクールで大惨敗した

さて、せっかくなので少し細かくみていこうと思います。

通信講座を習い始めた

実は僕といえば「独学」でやりなさいと安倍政権に言われてやっていたわけなのですが、このタイミングで13歳から13年続けた独学に終止符を打ち、かねてから個人的にご指導をいただいていた先生に通信で指導いただけることになりました。

実際に開始したのは2019年12月だったような気がしますが、実際添削が始まったのは2020年1月からだったかと思うので(うろ覚え)、2020年の出来事として入れてみました。

習っているのは「硬筆」と「筆ペン」です。硬筆の方は毎月課題があり、作品を提出して昇級していくので楽しいです。基本的には行書なので、字が上達するように日々練習しています。

昇級は毎月1級ずつが基本となっていますが、実は今、諸々の事情があり1回だけ受けられる「飛び級試験」を受けているところです。うまくいけばぐんと級が上がるようなので、できるだけ多く上がって欲しいなと祈っているところです。字の上達が目的でやっているので、級や段位はおまけではありますが、1つの指標となるので頑張っていきたいなと思っています。

筆ペンの方は封筒の宛名書きですね。僕は慶弔サインペンや美文字筆ペンよりも太い、いわゆる筆ペンを使ったことがありませんでした。あまり筆ペンって使う機会がないように思っていたのですが、実際仕事中にも封筒への宛名書きって結構あるので、せっかくなら手書きで綺麗に書きたいと思ってこちらもお願いして先生のお手本を真似て練習しています。

筆ペンの方は約1年が経とうとしていますが、全然見せられるような状態ではないので、早くお見せできるように頑張っていきたいと思います。

Webサイト「しめ字製作所」を公開した

続いて、6月に本サイト「しめ字製作所」を公開しました。これまではshimejiblogという筋トレブログの方を配信はしていたのですが、やっぱり硬筆の方も情報発信していきたいなと思い立ち、Webサイトを作ってみました。

硬筆専門のメディアとかサイトってめちゃくちゃ少ないので、完全に僕の独壇場ですよ(超不定期更新)。やっぱり自分の情報発信の媒体を持っておくというのは今後を考えても必要だと思っています。もちろん、SNSも重要ですが情報量に限りがありますし、アーカイブも見にくいですよね。

ブログ型のWebサイトなのでフォロワーなどはないですが、書いた記事がどんどん蓄積されていくので、書けば書くほど媒体として成長していけるのがいいところです。今後は動画メディアに置き換えられていくと言われていますが、とはいえテキストで読みたいニーズというのは今後も無くなることはないと僕は考えているので、引き続きこのサイトで硬筆に関することを発信していきたいなと思っています。

2021年はこちらの特集を完成させていきたいと思っていますので、随時更新をお待ちください。

Youtubeチャンネルを開始した

とはいえ、動画メディアの発達は今後も間違いなく右肩上がりに増えていくことは間違いないです。ということで、テキストベースのWebサイトに加えてYoutubeチャンネルも開設しました。

動画の更新が全然ないという悪魔の囁きが聞こえてきそうですが、まさにその通りなんです。全然更新できてないんですよ。

まずは手を動かして試行錯誤しながらどんなチャンネルにしていくかを決めていくのがいいのはわかっているんですけど、実際何本か撮ってみて、やっぱりかっこいい動画にしたいな、とかそもそも字を書いているところを撮るのって難しいな、俯瞰撮影できる環境を作るか、とかそんなことを考えていたら更新が止まってしまいました。動画を楽しみにしてくださってる方には申し訳ない気持ちは誰よりも感じています。

実は今、動画撮影とか動画編集ということにとても興味があるので、2021年はたくさん勉強して、できるだけ皆さんにわかりやすく、見やすく届けられるようにしていきたいと思います。突然動画を投稿するかもしれないので、気が向いた方はチャンネル登録していただけると見逃さないと思います。

Youtubeチャンネルはこちら

全国硬筆コンクールで大惨敗した

最後はハロウィンに次ぐ年に1回の大イベントとしても世界から注目されている全国硬筆コンクールですね。こちら、今年は大惨敗しました。硬筆コンクールについては特集ページを組んで記事を書いているので、興味があればご覧ください。

記事を読んでもらえればわかるとおり、今年については複雑な思いもありますが、今はもう落ち着いていますし、結果を受け入れています。自分に過信していた部分があったんだなあと反省していますし、もっと上にいるべきと一瞬でも思った自分が恥ずかしいです。

僕は硬筆と筋トレと同じくらいお笑いが大好きということは秘密にしていたわけではないのですが、あの時、2020年のM-1決勝のアキナ・秋山さんくらいに受け入れられていたらよかったなと反省しています。一緒にしてはいけないと思いますが、M-1決勝を見て、年に1回の大会に懸けるという意味では硬筆コンクールとM-1って似てるなと少し思っています。

今年の決勝はどの組もおもしろかった中でも「見取り図」というコンビが優勝かな、と思っていたのですが僅差で負けてしまったんですね。物議を醸していますがいわゆる「漫才」という意味では見取り図が決勝3組の中では一番正統派であったことは間違いないと思います(くれぐれも言っておくと僕は「マヂカルラブリー」含め全組漫才だったと思っています)。

でも、直後の番組で見取り図のツッコミ・盛山さんは「優勝を一瞬期待した自分が恥ずかしい」と言ったんですね。「漫才」で評価してるのか!と怒ってもいいとすら僕は思ったのですが、この発言になんて器の大きな人なんだと思うとともに自分に足りなかったのはこういうところなんだと反省しました。

ちなみに、現段階では今年の第37回全国硬筆コンクールがあれば出品したいと思っていますし、初の草書で挑戦してみたいなと思っています。他にも高円宮杯などにも出品して、自分の実力を確かめる機会を増やしていきたいと思っています。

2021年の抱負とまとめ

ということで、2020年の振り返りについて書いてきました。途中で2021年の抱負についても書いてしまったのでまとめておきます。

  1. Youtubeで動画投稿
  2. 「しめ字の書き方講座」完結
  3. 全国硬筆コンクールで上位3位に入る

今回は以上になります。最後まで読んでいただきありがとうございました。

他にも文具についての記事なども書いているので、他の記事もぜひ読んでいってください。

皆さんにとっても良い年となりますように。今年もよろしくお願いいたします。

しめじ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です